お問い合わせ

文字サイズ
  • 標準

  1. トップページ>
  2. 事業所検索>
  3. 社会福祉法人 五十鈴会

社会福祉法人 五十鈴会

PREV

NEXT

以下の取組宣言事業所の取組宣言情報は同一です。

  • 取組宣言情報
  • 中間取組状況
宣言内容
全職員が、やりがいと誇りをもって仕事できる職場環境を整備します。
取組期間
2020年10月1日~2022年9月30日

取組宣言内容

【自己評価】:十分達成、:おおむね達成、:不十分、×:未達成

人材育成とキャリアアップ支援の取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
人材育成計画の策定及び実施
新規採用職員の育成計画のみ策定・実施している。基本方針あり。 全ての職員の段階的な育成計画を策定する。
OJTの実施
新規採用職員にメンター、エルダーを配置し、実務を通して指導を行っている。 異動の際にも、メンター、エルダー制度を適用する。
能力向上・資格取得への支援
内部研修を月1回開催。
外部研修の受講を勤務扱いとし、積極的な受講を促すとともに、法人が指定する資格取得のための費用負担を実施。
費用負担できる各種資格の範囲を拡げる。
人材育成を目的とした面談の実施
全職員に目標設定シートを作成してもらい、年1~2回と必要時に面談を行い達成状況を確認する。 メンタル不調へのカウンセリングや仕事に対するモチベーション・疑問等にも回答できる面談とする。職員のスキルアップを支援できる考課者(アセッサー)を育成する。
キャリアパス制度の導入
法人が規程するキャリアパス制度の評価に基づき昇給・昇格・昇進・配置及び教育訓練の適正を図っている。(全体会議、個人面談時に制度について説明)各層のキャリアパスに沿った外部研修を実施している。 職員を適切に評価できるアセッサーを育成する。過去の研修内容が確認でき、それぞれの職員が、自身の能力に応じた研修計画が確認できるようにしていく。
その他(上記以外)
指導・教育委員会が中心となり人材育成を行っている。 職員個々の資質や特性等に合わせたオーダーメイドの人材育成を行う。外部研修のフィードバックを効果あるものとする。
職員の処遇改善と職場環境の改善のための取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
賃金水準の向上、昇給制度の導入
任用の際における職位、職責または職務内容等に応じた賃金体系を整備。人事評価制度と資格取得により昇給するシステムを整備。手当の増額あり。 家族手当など、手当を新設する。
休暇の積極的な取得に向けた取組の実施
有給台帳を作成し、取得を促している。年5日以上は必須とする。時間単位有給取得制度あり。 纏まった休暇(リフレッシュ休暇等)が取得できる職員体制を整備する。有給取得率の目標設定と公表を実施していく。
労働時間短縮に向けた取組の実施
残業ゼロを目標に掲げているが、職員の疾病、家族の事情、出産等で、調整がつかないことがある。現状、職員1人あたり月1.5時間弱の残業がある。 急な休み、研修等で、不足する職員を補うためのフリー対応できる職員を配置する。
業務負担の軽減に向けた取組の実施
ノーリフトケア(リフト付きシャワーキャリー、スライディングシート・ボード等)を実践し、職員の腰痛予防や業務負担軽減に取り組んでいる。 タブレットによる介護記録作成システムを導入予定。(今年度中)
インカムの導入予定。(来年度)
福利厚生制度の充実
子育て・介護のための短時間勤務制度がある。育児に関しては、小学校就学までを対象としている。親睦会、クラブ活動あり。アウトソーシングによる福利厚生サービスあり。 退職金制度を充実させる。
魅力ある職場づくりのための取組の実施
市内保育園と企業提携し、0~2歳の子を預ける職員に保育手当(上限30,000円)を支給。
法人への提言を募っており、面談時または必要時、回答している。
職員からの意見・質問・提案・困りごと等が発言しやすい職場環境となるよう努める。
その他(上記以外)
就業規則に勤務間インターバルを規定している。
個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で選択できる制度あり。
入院・治療後の職場復帰をサポート。
(有給取得、シフト調整等)
正規職員転換制度あり。
多様な働き方の選択肢を増やす。
職員の増員による業務負担の軽減。
サービスの質の向上と職場のイメージアップに向けた取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
事業所の運営理念・方針の周知
法人の理念、基本方針を策定している。ホームページ公開、施設内掲示及び朝のミーティングでの唱和を行っている。 理念や基本方針を基にした行動計画を策定し、サービスの提供に反映させる。
みえ福祉第三者評価の積極的な受審
特養について、平成19年度、平成29年度に受審している。 通所や短期入所での第三者評価を受審する予定。
利用者・家族向け説明会の開催
毎年11~12月に家族会を開催している。施設説明の他、施設が提供するサービスについて、評価してもらうなど意見を頂戴している。 家族会に不参加の方には、後日、内容を配布している。
サービス提供状況の公表
事業所情報やサービス提供に関する情報をホームページで公表している。それぞれの事業所毎に「介護サービス情報公表システム」にて報告を行っている。 ホームページでの公表内容の充実を図る。
地域貢献活動、地域交流事業の実施
高齢者向け「いきいきサロン」主催。(2地域)
街づくり協議会協賛。
三重県DWAT登録。
障がい者サポーター団体認定。
介護教室。(車椅子の操作方法)
在宅利用者の家族を対象にした「実践介護教室」を利用者が短期入所生活介護及び通所介護サービス利用中に開催できるよう居宅介護事業所と計画中。
ボランティアや実習生等の受入
三重チャレ「しごと密着体験」
准看護実習生受入。
三重県介護等体験にかかる介護等体験者の受入れ。
地域の中高生の体験学習受入れ。
その他(上記以外)
広報誌やホームページブログで活動内容を発信している。お伊勢さんマラソンと大学駅伝に応援団を結成している。近隣道路の清掃活動。 地域イベントへの参加、協賛。

事業所情報

人材育成方針
・高い倫理観と豊な人間性を備えた高齢者福祉の担い手を育成していく。
・個々のキャリア形成に応じた研修や教育等の充実を図ることで、介護サービスの質を高めていく。
人材育成体制
対象 人材育成計画の策定 職員研修体制 資格取得に対する支援
内部研修の開催 外部研修への派遣
全職員
対象
有【認定特定行為業務従事者認定証費用負担】
対象 新人職員
育成計画の策定
職員研修体制 指導担当者の配置状況
内部研修の開催 外部研修への派遣
新人職員
対象
有【新人:指導者=1:3】
雇用状況関連
過去1年間の離職率 11%(正規職員に限る)
勤続3年目職員の定着率 61%(正規職員に限る)
月平均残業時間 1.5時間
年次有給休暇取得率 62%
過去1年間の採用応募者数 20人
職員数 118人(正規:99人、非正規:19人)
給与関連
基本給 【介護福祉士資格所得】165,300円(高卒)、172,800円(大卒)【介護福祉士資格未所得】152,300円(高卒)、157,100円(大卒)
昇給 年1回(4月)キャリパス制度運用規程による
手当
職務手当
10,000円
扶養手当
なし
夜勤手当
5,000~6,500円/回(月平均4回)(基本給により差異あり)
通勤手当
~10,000円(上限)
住居手当
なし
資格手当
介護福祉士7,000円、介護支援専門員10,000円、社会福祉士10,000円、精神保健福祉士10,000円、衛生管理者5,000円、看護師10,000円、准看護師5,000円
その他
役職手当(5,000~80,000円)、待機手当2,000円、呼出手当4,000円、保育手当(5,000~30,000円)、特定処遇改善手当(5,000~20,000円)
賞与 年2回(6月、12月)4.5か月、処遇改善一時金(3月)452,400円(令和元年度実績)
退職金制度 あり
10年後のモデル賃金 大卒:年収4,249,000円、大卒(リーダー):年収4,384,000円、大卒(主任):年収4,719,000円、高卒:年収4,131,000円、高卒(リーダー):年収4,326,000円、高卒(主任):年収4,623,000円 以上、介護福祉士資格、夜勤4回
休日・休暇制度等
公休 114日
特別休暇
年次有給休暇
有(20日)
リフレッシュ休暇
慶弔休暇
産前産後休暇
育児・介護休暇
その他
生理休暇
短時間勤務制度
育児・介護短時間勤務制度
その他
その他福利厚生等 各種保険加入、Tシャツ・シューズ付与、慶弔見舞金、健康診断(年1回、夜勤従事者は年2回)、予防接種、提携保育園あり、アウトソーシングによる福利厚生サービス

取組宣言内容

【自己評価】:十分達成、:おおむね達成、:不十分、×:未達成

人材育成とキャリアアップ支援の取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
人材育成計画の策定及び実施
新規採用職員の育成計画のみ策定・実施している。基本方針あり。 新規採用職員については法人独自の要綱及び計画により育成を行っている。
既存職員については、研修受講や資格取得等の計画を立て実施している。今後はより具体的な計画を立案していきたい。
OJTの実施
新規採用職員にメンター、エルダーを配置し、実務を通して指導を行っている。 メンター、エルダーに配置された職員は、それぞれの役割を認識し、コーチングスキルアップに努めている。
能力向上・資格取得への支援
内部研修を月1回開催。
外部研修の受講を勤務扱いとし、積極的な受講を促すとともに、法人が指定する資格取得のための費用負担を実施。
内部研修の受講率は上がっており、受講できなかった職員はレポートを作成している。
コロナ禍において外部研修は制限されているが、ズーム研修を積極的に受講している。受講は勤務扱いとなる。
費用は法人負担で、介護職員の喀痰吸引等行為資格取得率の向上を図っている。(本年9月時点で特養では全介護職員の82%が有資格者)
人材育成を目的とした面談の実施
全職員に目標設定シートを作成してもらい、年1~2回と必要時に面談を行い達成状況を確認する。 目標設定シートと人事評価を基に、人材育成を目的した面談を行っている。
キャリアパス制度の導入
法人が規程するキャリアパス制度の評価に基づき昇給・昇格・昇進・配置及び教育訓練の適正を図っている。(全体会議、個人面談時に制度について説明)各層のキャリアパスに沿った外部研修を実施している。 五十鈴会キャリアパス制度を運用し、昇給・昇格・昇進等を実施している。
評価内容を説明し、必要な知識や技術等の向上が、キャリアパスに繋がることを伝えている。
その他(上記以外)
指導・教育委員会が中心となり人材育成を行っている。 指導・教育委員会は機能しているが、指導、教育する職員の資質向上が課題。
職員の処遇改善と職場環境の改善のための取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
賃金水準の向上、昇給制度の導入
任用の際における職位、職責または職務内容等に応じた賃金体系を整備。人事評価制度と資格取得により昇給するシステムを整備。手当の増額あり。 人事評価制度等にて昇給を行っており、個別に説明する機会を設けている。
介護福祉士手当を増額した。
休暇の積極的な取得に向けた取組の実施
有給台帳を作成し、取得を促している。年5日以上は必須とする。時間単位有給取得制度あり。 有給が取得しやすくなった。時間有給は柔軟な利用ができて良いとの声が職員から多く聞かれる。
有給台帳により管理しやすくなった。
労働時間短縮に向けた取組の実施
残業ゼロを目標に掲げているが、職員の疾病、家族の事情、出産等で、調整がつかないことがある。現状、職員1人あたり月1.5時間弱の残業がある。 ユニット間、フロア間の連携や柔軟なシフト勤務で残業は殆ど無いが、コロナ感染拡大による予想外の職員の休みもあり調整に苦慮した。
業務負担の軽減に向けた取組の実施
ノーリフトケア(リフト付きシャワーキャリー、スライディングシート・ボード等)を実践し、職員の腰痛予防や業務負担軽減に取り組んでいる。 ノーリフトケアとタブレット端末による介護記録ソフト導入で、業務負担軽減が図れた。
福利厚生制度の充実
子育て・介護のための短時間勤務制度がある。育児に関しては、小学校就学までを対象としている。親睦会、クラブ活動あり。アウトソーシングによる福利厚生サービスあり。 短時間勤務制度の利用で離職することなく就労する職員が増えた。
アウトソーシングによる福利厚生サービス利用があまり無かった。コロナ感染拡大の影響が大きかった。
魅力ある職場づくりのための取組の実施
市内保育園と企業提携し、0~2歳の子を預ける職員に保育手当(上限30,000円)を支給。
法人への提言を募っており、面談時または必要時、回答している。
提携保育園に子を預け、保育手当を支給される職員が増えた。今後、利用したいとの職員もおり好評である。
職員の提言により、苑庭の夜間照明を改修した。安全確保と防犯に効果があった。提言を受け入れ実行する組織風土の醸成に繋がった。
その他(上記以外)
就業規則に勤務間インターバルを規定している。
個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で選択できる制度あり。
入院・治療後の職場復帰をサポート。
(有給取得、シフト調整等)
正規職員転換制度あり。
勤務間インターバルは遵守することができた。
10種類のシフト編成で柔軟な働き方を選択することが可能になった。
入院・治療を終えた職員をサポートしスムーズに職場復帰が行えた、また、職員の定期健診が病気の早期発見、治療に繋がったケースも複数ある。
サービスの質の向上と職場のイメージアップに向けた取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
事業所の運営理念・方針の周知
法人の理念、基本方針を策定している。ホームページ公開、施設内掲示及び朝のミーティングでの唱和を行っている。 職員は、法人理念、基本方針をしっかり理解し憶えている。
新人職員にも繋げていきたい。
みえ福祉第三者評価の積極的な受審
特養について、平成19年度、平成29年度に受審している。 第三者評価の意義について職員に伝えることができた。今後は、デイやショートの第三者評価を受審したい。
利用者・家族向け説明会の開催
毎年11~12月に家族会を開催している。施設説明の他、施設が提供するサービスについて、評価してもらうなど意見を頂戴している。 コロナ感染拡大により対面での家族会は開催せず、書面による報告中心のものであった。その中でもアンケートを行い、施設運営に反映させた。
利用者の様子を写真や動画にしてラインやメールで個別に発信し家族から好評価を得ている。
サービス提供状況の公表
事業所情報やサービス提供に関する情報をホームページで公表している。それぞれの事業所毎に「介護サービス情報公表システム」にて報告を行っている。 法人ホームページや「介護サービス情報公表システム」にてサービス提供状況を公表している。
地域貢献活動、地域交流事業の実施
高齢者向け「いきいきサロン」主催。(2地域)
街づくり協議会協賛。
三重県DWAT登録。
障がい者サポーター団体認定。
介護教室。(車椅子の操作方法)
計画には上げていたが、多くのイベントや集まりがコロナ感染拡大により中止となった。引き続き繋がりは継続している。
ボランティアや実習生等の受入
三重チャレ「しごと密着体験」
准看護実習生受入。
三重県介護等体験にかかる介護等体験者の受入れ。
コロナ感染拡大により、殆どの実習生の受入れが中止となった。その中でも、伊勢地区医師会准看護実習生の受入れは実践された。
その他(上記以外)
広報誌やホームページブログで活動内容を発信している。お伊勢さんマラソンと大学駅伝に応援団を結成している。近隣道路の清掃活動。 ホームページ上ブログでの活動内容発信は多く行うことができた。内容も工夫した。
雇用状況関連 取組前 取組後
過去1年間の離職率 11%(正規職員に限る) 3%(正規職員に限る)
勤続3年目職員の定着率 61%(正規職員に限る) 86.6%(正規職員に限る)
月平均残業時間 1.5時間 1.5時間
年次有給休暇取得率 62% 61.4%
過去1年間の採用応募者数 20人 13人
職員数 118人(正規:99人、非正規:19人) 117人(正規:99人、非正規:18人)