お問い合わせ・アクセス

文字サイズ
  • 元に戻す
  • 縮小
  • 拡大
色の変更
  • 標準

事業紹介

  1. TOP >
  2. 事業紹介 >
  3. 生活福祉資金貸付事業 >
  4. 生活福祉資金

生活福祉資金

生活福祉資金貸付事業は、比較的所得が少ない世帯(低所得世帯)、高齢者世帯、障がい者世帯に対して、経済的自立や生活意欲を促進し、安定した生活を送ることを目的にした貸付制度です。 市町の社会福祉協議会が窓口となり、三重県社会福祉協議会が貸付を行います。

生活福祉資金の各資金の貸付条件等の一覧

福祉資金

低所得世帯等に属する方が、日常生活を送る上で、又は自立生活するために一時的に必要である費用を無利子または低利で貸し付ける制度です。

緊急小口資金

低所得世帯が、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、世帯が自立し安定した生活を送れるよう支援していくための少額の貸付制度です。

教育支援資金

高校・大学等に入学、就学するのに必要な経費を貸し付ける制度です。就学された方が主となって卒業後に償還します。

総合支援資金

失業等により日常生活全般に困難を抱えている方を対象に、必要な資金の貸し付けと、生活困窮者自立支援制度に基づいて、社会福祉協議会やハローワーク等による継続的な相談支援を行い、生活の立て直しや経済的自立を目的としています。

不動産担保型生活資金

高齢者世帯を対象に、居住用不動産を担保として生活費を貸し付けることにより、住み慣れた住居で将来にわたり安定した生活を送れるよう支援します。世帯の経済状況と担保となる不動産の評価額によって利用できる資金が異なりますので、詳しくはそれぞれの資金のしおりをご覧ください。

臨時特例つなぎ資金

臨時特例つなぎ資金貸付けは、離職者を支援するための公的給付制度または公的貸付制度を申請している住居のない離職者に対して、当該給付金または貸付金の交付を受けるまでの当面の生活費を迅速に貸し付けることによりその自立を支援することを目的としています。