お問い合わせ

文字サイズ
  • 標準

  1. トップページ>
  2. 事業所検索>
  3. 医療法人 豊和会

医療法人 豊和会

PREV

NEXT

以下の取組宣言事業所の取組宣言情報は同一です。

  • 取組宣言情報
宣言内容
 法人理念に掲げる「和の心」を大切に持って、職員一人ひとりが笑顔で働ける、ストレスを溜めない職場作りを目指します。
 また理念のもう一つの柱である「地域社会への貢献」にも取り組んでいくものとし、職員間の対話をベースに介護への理解を深め、職員一人ひとりが達成感の感じられる職場風土を築きます。
取組期間
2021年6月1日~2023年5月31日

取組宣言内容

【自己評価】:十分達成、:おおむね達成、:不十分、×:未達成

人材育成とキャリアアップ支援の取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
人材育成計画の策定及び実施
◆定期的に職員教育チェックシートを使用し、新人職員の業務習熟度や技術等についてチェックを実施。
◆全職員に対し各種委員会への参加を必須として専門性の向上を図っている。
◆介護職員を中心に講義、実技、振り返りチェックを基本とした研修プログラム(客観的介護技術評価・OCSA研修)について年間計画に基づいて実施している。介護職員以外の他職種職員も参加可能となっている。
◆職務職責基準、任用要件等を規定化し、その等級・職責(役職)に求められる水準を明確化している。
◆定期的に老健大会等各種学会に参加し、研究発表や外部研修を受講している。
◆新人研修の講師を育成し、経験を積むことで日常の適切な指導につなげている。
引き続き、新人教育や既存の職員に対しても豊和グループ独自の教育プログラムであるOCSA研修等を計画的に実施していく。
OJTの実施
◆新人職員に対し教育担当者(トレーナー)を定めてマニュアルやチェックシートを使用しながらOJTを実施している。
◆役職者を中心に講師を務め定期的に職員研修会を実施している。
今後も左記の実施内容について、マニュアルを更新しながら継続をしていく。
全職員がトレーナーになれる能力を身に付けられるよう勧めていく。
能力向上・資格取得への支援
◆役職者を中心に講師を務め、介護福祉士取得対策の講座を開催している。
◆介護福祉士初回試験受験料に対する助成金制度がある。
◆介護福祉士実務者研修受講費用に対する貸付金制度がある。
◆准看護学校や通信制看護学校通学に対する奨学金制度がある。
◆給与規則で、福祉関係の主な資格に応じた資格手当を規定し支給している。
介護福祉士取得のための講座については内容を一層充実させ、資格取得への支援(勉強会の開催・講師の育成等)をしていく。
人材育成を目的とした面談の実施
◆「人事考課・処遇見直し要項」に基づき、年1回の職員面談を実施している。
◆随時、勤務時間内で役職者と職員の面談を実施している。
引き続き、現在も実施している定期・随時の職員面談を確実に実施し、人材育成につなげていく。
キャリアパス制度の導入
◆入社年数や実績に応じた等級表を規定し、それぞれの役割や職務職責基準を明確化している。
◆定期的な面談の中で、異動希望等を確認し、保有資格・適性・能力に応じて、配置換え・他職種への変更を行うことでキャリアアップにつなげている。
事業所間・部署間の異動や他職種への職種変更について、職員の希望や意見を聞きながら引き続き実施し、キャリアアップにつなげていく。
その他(上記以外)
 
職員の処遇改善と職場環境の改善のための取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
賃金水準の向上、昇給制度の導入
◆給与や人事考課等について法人で定めている要項に基づき、公正で透明性の高い処遇の見直しを定期的に実施している。
◆年1回の定期昇給制度がある。昇給実施前に実績や能力に応じた査定を行っている。
◆冬季賞与時に実績や能力に応じた複数目線での人事考課を実施している。
定期昇給や賞与時の査定についても確実に実施し、賃金及びモチベーションの向上につながっていくよう引き続き実施していく。
休暇の積極的な取得に向けた取組の実施
◆勤務表作成前に有給休暇を含む希望休を聴き取るなどし、効率的に勤務体制を組むことで、有給休暇の計画的な取得を促進している。 働き方改革の主旨に則り、ワークライフバランスの充実を図っていく。また有給休暇を年間5日以上確実に取れるように取り組んでいく。
労働時間短縮に向けた取組の実施
◆勉強会、委員会活動を極力業務時間内に実施して残業時間を抑えるようにしている。
◆休日出勤、勤務交代を極力行わず、最小人員で業務がまわることを目指している。
効率的な勉強会等の日程調整を行う等、現在も実施している対策を引き続き実践し、労働時間の短縮を図っていく。
業務負担の軽減に向けた取組の実施
◆各種赤外線センサー、眠りスキャンを導入し見守りに対する負担を軽減している。
◆勉強会や研修等を通じ個々のスキルアップを図ることで業務負担の平準化を図っている。
利用者様の状態に合わせた機器の設置が出来るよう、職員の意見を反映させながら導入を検討していく。またスキルアップによる業務負担の平準化も引き続き実施していく。
福利厚生制度の充実
◆産休・育休・介護休業等の規程があり、有効に取得・活用されている。また「母性健康管理規程」により妊娠中及び出産後1年以内の女性職員に、勤務時間内通院・時差通勤・勤務時間短縮を認めている。
◆職員旅行の実施。なるべく多くの職員が参加しやすいように日程や旅先を選択出来るようにしている。
◆法人主導の新人歓迎会や忘年会を開催し全職員が楽しめる機会を作っている。
◆豊和グループの施設内保育所や施設併設での保育所を希望に応じて利用することができる。
◆職員寮を完備しており希望に応じて利用することができる。
◆永年勤続表彰制度を有している。
今後も各種制度を職員に一層周知し、使いやすいものにしていく。
また職員の意見等を参考にしながら、更に充実したものにしていく。
魅力ある職場づくりのための取組の実施
◆セクハラ、パワハラ等ハラスメント防止通知を理事長名で発信し、法令遵守を図っている。また同相談窓口を設置し担当者を決めて対応に当たっている。
◆役職者自らがパワハラの加害者とならないよう自己チェックの重要性を指導している。
◆業務改善に向け、試験的期間を設け、各職員の意見や提案を考慮している。
◆職員の状況に合わせた多様な勤務時間やシフトを作成し、いかなる生活条件でも働くことの出来る環境作り(ワークライフバランスの充実)を実施している。
◆若手ワーキンググループを設置し自由な意見交換の場を設けている。
引き続き、ハラスメント防止に対する職場風土の醸成、勤務時間に柔軟性を持たせたシフト作成時の工夫等により、多様な状況下でも職員が働きやすい環境を整備していく。
職員の意見等も参考にしながらES(従業員満足度)の高い職場を目指していく。
その他(上記以外)
 
サービスの質の向上と職場のイメージアップに向けた取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
事業所の運営理念・方針の周知
◆事業所各所の見やすい場所に運営理念を掲示し周知を図っている。
◆新人研修においても法人理念について周知できるようにしている。
◆ホームページ等にも掲載し周知している。
引き続き、事業所内での周知や新人研修、ホームページの工夫により一層の周知を図っていく。
みえ第三者評価の積極的な受審
◆以前に第三者評価の受審を実施している。 今後の受審については検討中。
利用者・家族向け説明会の開催
◆随時希望があった場合、施設見学や説明を相談部中心に実施している。
◆相談会も兼ねた、しまカフェやオレンジカフェ(もも&もも)のイベントを開催している。
◆毎月の利用料請求時に、重要なお知らせ等を同封し知らせている。
◆顧問弁護士による無料法律相談会を年3回実施している。
利用者様やご家族様から申し出があった場合は迅速に対応できる体制を引き続き維持していく。
サービス提供状況の公表
◆施設内掲示板へ必要情報を掲示し公表している。
◆ホームページやツイッターでの情報提供を実施している。
◆定期的に「豊和通信」を作成し、イベントの開催や施設の状況について、利用者様やご家族様宛に送らせて頂いている。
引き続き、必要な情報を誰にでも見て頂きやすいように、掲示やホームページ等様々な方法で発信をしていく。
地域貢献活動、地域交流事業の実施
◆相談会も兼ねた、しまカフェ、オレンジカフェ(もも&もも)のイベントを開催している。
◆地域包括支援センターや運動教室等近隣で開催される講習会に職員を講師として派遣している。
◆夏祭り等のイベント開催時に合わせて相談会や健康測定ブースを設置し、来場された方に利用して頂いている。
◆台風や地震等災害時に避難場所として施設を使用して頂いている。平成30年度に発生した台風時にも近隣の方に避難所として利用して頂いている実績あり。
今後も地域社会におけるニーズの変化を踏まえながら、地域との共生について柔軟に対応できるようにしていく。
またイベント開催時の情報発信や災害時の協力等においても、地域貢献出来るように実施していく。
ボランティアや実習生等の受入
◆近隣中学・高校の職場体験や各種ボランティア団体の受け入れを実施している。
◆イベント開催時にもボランティアの方の協力を得て、歌や演奏会も実施して頂いている。
引き続き、学生や一般の方のボランティア受け入れを継続していく。
その他(上記以外)
 

事業所情報

人材育成方針
介護技術標準化ツール「OCSAオクサ(客観的介護技術評価)」を当会独自で開発、「当たり前の介護を当たり前に行えること」をコンセプトに、倫理的配慮、接遇、知識・技術の向上により、介護の標準化を図っています。そして介護職員としての技術向上のみでなく、社会人としてのマナーをより重視し、他職種の視点も加味した介護技術構造化マニュアルをもとに人材育成を実施しています。また「潜在力を引き出す支援」「科学的根拠」「思いやりの精神」という3つの基本理念のもと、介護職員のみでなく全職種にとって必要となる内容をマニュアルに組み込み、職員教育に取組んでいます。
人材育成体制
対象 人材育成計画の策定 職員研修体制 資格取得に対する支援
内部研修の開催 外部研修への派遣
全職員
対象
有【介護福祉士初回受験費用全額助成、実務者研修受講経費貸付制度、准看護学校や通信制看護学校に通学時の修学資金制度】
対象 新人職員
育成計画の策定
職員研修体制 指導担当者の配置状況
内部研修の開催 外部研修への派遣
新人職員
対象
有【新人:指導者=1:1】
雇用状況関連
過去1年間の離職率 7.7%(正規職員に限る)
勤続3年目職員の定着率 80%(正規職員に限る)
月平均残業時間 1.3時間
年次有給休暇取得率 86%
過去1年間の採用応募者数 39人
職員数 238人(正規:166人、非正規:72人)
給与関連
基本給 160,000円 ※別途経験年数等を加味させていただきます。
昇給 1,000円~2,000円 ※左記にかかわらず人事考課により昇給額の変動があります。
手当
職務手当
10,000円(介護福祉士)
扶養手当
配偶者 10,000円、その他 3,000円
夜勤手当
8,000円 ※グループホームは7,500円
通勤手当
2,000円~20,000円
住居手当
10,000円
資格手当
介護支援専門員 18,000円 等多々あり
その他
処遇改善手当 11,000円、役職手当 5,000円~50,000円
賞与 年2回(夏1か月、冬1.5か月)※左記にかかわらず人事考課により支給率の変動があります。
退職金制度 あり
10年後のモデル賃金 月額 286,000円(高卒、介護主任、介護福祉士、介護支援専門員資格、処遇改善手当、住宅手当、夜勤4回)
休日・休暇制度等
公休 111日~112日/年
特別休暇
年次有給休暇
有(20日)
リフレッシュ休暇
慶弔休暇
産前産後休暇
育児・介護休暇
短時間勤務制度
育児・介護短時間勤務制度
その他
有(母性健康管理規程(時差通勤・勤務時間内通院・勤務時間短縮あり))
その他福利厚生等 永年勤続表彰、制服貸与、健康診断年2回、社宅・託児所(グループ会社含む)あり、行先が選べる職員旅行・新人歓迎会・大忘年会開催等。なお当会豊和病院が三重県から「令和元年度女性が働きやすい医療機関」として認証されました。