お問い合わせ

文字サイズ
  • 標準

  1. トップページ>
  2. 事業所検索>
  3. 社会福祉法人 あけあい会

社会福祉法人 あけあい会

PREV

NEXT

以下の取組宣言事業所の取組宣言情報は同一です。

  • 取組宣言情報
  • 中間取組状況
宣言内容
介護職員の確保、定着及び介護サービスの質の向上に繋げられるよう努めます。
取組期間
2019年3月29日~2021年3月28日

取組宣言内容

【自己評価】:十分達成、:おおむね達成、:不十分、×:未達成

人材育成とキャリアアップ支援の取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
人材育成計画の策定及び実施
新規・中途採用職員の他、2年目以降の職員、リーダー格職員についても年間の育成研修計画を策定・実施している。 現状の年間育成研修を継続しつつ、個々職員に意見聴取し、内容充実を図る。
OJTの実施
プリセプターシップを導入し、入職後1年間を教育期間として、指導にあたっている。また、年間法人研修にプリセプター研修を設け、指導方法の教育にあたっている。 現状の指導体制を継続しつつ、個々の職員の能力を評価する体制(介護指導チェック表を活用した育成体制)を策定・実施し、能力に合わせた指導を実施する。
能力向上・資格取得への支援
法人内教育機関「あのう学院」による資格取得に向けた計画的研修の開催、スマートフォンやタブレットを使用したEラーニングの実施、資格取得に係る費用負担補助の実施。 内部研修やEラーニングの充実、外部研修の参加の推進を図る。
人材育成を目的とした面談の実施
年2回、個々の職員を評価したシート(人事考課表)をもとに業務の達成状況や課題、目標を確認している。 現状の年2回の面接を維持しつつ、介護指導チェック表を活用し、個々の能力に合わせた指導体制を構築・実施していく。
キャリアパス制度の導入
年2回、職位・職責に応じた評価(人事考課表)を行い、面接にて業務の達成状況や課題、目標を確認している。
また、年間法人研修にて新人・中堅・リーダー職・管理者等キャリアパスに沿った研修を実施している。
現状の面接体制・研修を維持しつつ、評価を詳細化した新評価基準(介護指導チェック表)を用いて能力・成果に応じた指導・育成を図っていく。
その他(上記以外)
 
職員の処遇改善と職場環境の改善のための取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
賃金水準の向上、昇給制度の導入
給与規定にて、基本給・賞与・手当等記載している。また、年2回の評価(人事考課表)に応じた昇給体系も整備されている。 制度改定や社会情勢等考慮し、適宜協議・見直しを行う。
休暇の積極的な取得に向けた取組の実施
年次有給休暇の計画的付与、リフレッシュ休暇創設等、有給休暇取得促進を務めている。 労働環境における課題、目標を協議し、前年比有給取得率を上回る様、努める。
労働時間短縮に向けた取組の実施
毎週水曜日をノー残業デイと設定している。また、施設内会議や委員会等を業務時間内に行われる様、勤務調整している。 事業所で行われる定期会議(ユニット単位、事業所全体会議等)や年2回の面接時等により現状の体制下での課題や改善について協議を行う。
業務負担の軽減に向けた取組の実施
・介護ロボット(見守り支援システム)や福祉機器(スライドシート・ボード)等導入による業務負担の軽減を行っている。
・パソコン・タブレット(電子化)使用により日々の書類作成・書類管理の負担軽減・一元管理を行っている。
事業所で行われる定期会議(ユニット単位、事業所全体会議等)や年2回の面接時等により現状の体制下での課題や改善、その他業務負担に関する意見聴取を行う。
福利厚生制度の充実
通勤範囲外職員を対象とし社宅を完備している。 制度改定や社会情勢等考慮し、適宜協議・見直しを行う。
魅力ある職場づくりのための取組の実施
・事業所内保育園を整備している。
・産業医による悩み相談会を実施している。
・個々職員の勤務体系に応じ、臨機応変に受け入れ体制を整備する。
・心身の不調を未然に防げるよう、管理体制を強化する。
その他(上記以外)
 
サービスの質の向上と職場のイメージアップに向けた取組
自己評価 現在の状況 将来の目標
事業所の運営理念、方針の周知
法人理念・方針を策定し、職員周知に努めている。年2回、法人理念に基づいたサービスの質の評価(面接)の機会を設けており、個々職員の課題と今後の目標設定の機会としている。 現状の体制を維持しつつ、法人理念・方針に基づいたケアが実践できる様、日々の指導・職場環境整備(掲示物等)に努める。
みえ第三者評価の積極的な受審
× H25年度 介護老人保健施設あのう 受審予定なし。
利用者・家族向け説明会の開催
事前希望者については、個別での施設説明の機会を設けている。 利用者・家族のニーズに合わせ、必要に応じて集団での施設説明会開催を検討する。
サービス提供状況の公表
法人・施設紹介、福祉厚生、人材育成計画・状況報告等ホームページで公表している。 引き続き、各種情報の公開を行う。
地域貢献活動、地域交流事業の実施
高齢者福祉事業に関する啓発活動として、介護フェアを開催している。また、地域住民へ向けた企画(フォーラム、ボランティア募集、交流会、介護予防教室等)を行い、地域に開かれた事業運営に努めている。 現状の活動を維持しつつ、地域の方々の意見を聴取し、内容充実・改善に取り組む。
ボランティアや実習生等の受入
ボランティアについては各施設にて登録を行い、行事やサークル活動の補佐、清掃等活動を行っている。また、実習生については、近隣の専門学校、高等学校より依頼を受け、受け入れており、インターシップについても県外学生を主に毎年実施している。 今後も現状の受け入れを維持しつつ、個々に意見聴取し、改善に取り組んでいく。
その他(上記以外)
 

事業所情報

人材育成方針
計画的な年間法人研修の策定・実施、各事業所での人材育成体制実践を通じて保健・医療・福祉各領域にかかわる幅広い知識と技術を身につけて、法人理念である「愛情と誠意を基調とした福祉サービスに努める」人材を育成します。
人材育成体制
対象 人材育成計画の策定 職員研修体制 資格取得に対する支援
内部研修の開催 外部研修への派遣
全職員
対象
有【介護職員初任者研修資格 受講料補助】
対象 新人職員
育成計画の策定
職員研修体制 指導担当者の配置状況
内部研修の開催 外部研修への派遣
新人職員
対象
有【新人:指導者=1:1】
雇用状況関連
過去1年間の離職率 7.8%(正規職員に限る)
勤続3年目職員の定着率 56.7%(正規職員に限る)
月平均残業時間 3時間
年次有給休暇取得率 71%
過去1年間の採用応募者数 65人
職員数 746人(正規:521人、非正規:225人)
給与関連
基本給 161,900円(高卒)、171,900円(短大・専門学校卒)、183,900円(大卒)
昇給 年1回(4月)
手当
職務手当
10,000円(通所職員は20,000円)
扶養手当
配偶者:16,000円/月、配偶者以外の扶養親族:1人目6,500円、2人目5,500円、3人目2,000円
夜勤手当
特養・老健:6,000円/1回、グループホーム:4,500円/1回、有料・特養グリーンヒル:準夜2,000円/1回、深夜4,000円/1回
通勤手当
①~42,100円(上限)、②高速道路料金支給(※支給要件あり)
住居手当
~15,000円(上限)
資格手当
2,000円~7,000円(介護福祉士 7,000円)
その他
なし
賞与 年2回(6月、12月)5か月分
退職金制度 あり
10年後のモデル賃金 大卒:月額 245,600円(介護福祉士、夜勤4回)、短大・専門学校卒:月額 236,600円(介護福祉士、夜勤4回)、高卒:月額 221,300円(介護福祉士、夜勤4回)
休日・休暇制度等
公休 年間111日
特別休暇
年次有給休暇
有(採用時3日、半年後6日付与)
リフレッシュ休暇
有(2日/年)
慶弔休暇
産前産後休暇
育児・介護休暇
その他
誕生日休暇1日/年
短時間勤務制度
育児・介護短時間勤務制度
その他
その他福利厚生等 各種保険加入、制服貸与、慶弔見舞金、健康診断(年2回)、職場内保育園、親睦旅行(年1回)、外部福利厚生団体加入

取組宣言内容

【自己評価】:十分達成、:おおむね達成、:不十分、×:未達成

人材育成とキャリアアップ支援の取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
人材育成計画の策定及び実施
新規・中途採用職員の他、2年目以降の職員、リーダー格職員についても年間の育成研修計画を策定・実施している。 経験年数や役職等に応じた研修を年間計画通り実施し、対象となる職員のほぼ全員が参加した。
OJTの実施
プリセプターシップを導入し、入職後1年間を教育期間として、指導にあたっている。また、年間法人研修にプリセプター研修を設け、指導方法の教育にあたっている。 プリセプターシップ導入による指導体制や研修について、年間計画通り実施した。
能力向上・資格取得への支援
法人内教育機関「あのう学院」による資格取得に向けた計画的研修の開催、スマートフォンやタブレットを使用したEラーニングの実施、資格取得に係る費用負担補助の実施。 法人職員に対し、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修の開催、各技能研修の企画・開催を行い、能力向上・資格取得のサポートを行った。
人材育成を目的とした面談の実施
年2回、個々の職員を評価したシート(人事考課表)をもとに業務の達成状況や課題、目標を確認している。 計画通り実施した。人事考課評価シートの活用により個々職員が目標を立て、日々研鑽している状況。
キャリアパス制度の導入
年2回、職位・職責に応じた評価(人事考課表)を行い、面接にて業務の達成状況や課題、目標を確認している。
また、年間法人研修にて新人・中堅・リーダー職・管理者等キャリアパスに沿った研修を実施している。
年2回の職位・職責に応じた評価制度を実施。また、職場における目標設定を行えるよう、役職・経験年数に応じた研修を実施した。
その他(上記以外)
   
職員の処遇改善と職場環境の改善のための取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
賃金水準の向上、昇給制度の導入
給与規定にて、基本給・賞与・手当等記載している。また、年2回の評価(人事考課表)に応じた昇給体系も整備されている。 給与水準を向上するべく、資格手当や特殊業務手当を創設する方針。また、評価に応じた昇給・賞与支給も実施している。
休暇の積極的な取得に向けた取組の実施
年次有給休暇の計画的付与、リフレッシュ休暇創設等、有給休暇取得促進を務めている。 規程の定める公休111日以外に、特別休暇(誕生日休暇1日、リフレッシュ休暇2日)を創設し、年間休日数を増やす方針。
労働時間短縮に向けた取組の実施
毎週水曜日をノー残業デイと設定している。また、施設内会議や委員会等を業務時間内に行われる様、勤務調整している。 ノー残業デイ及び勤務時間内の会議開催について、計画通り実施している。
業務負担の軽減に向けた取組の実施
・介護ロボット(見守り支援システム)や福祉機器(スライドシート・ボード)等導入による業務負担の軽減を行っている。
・パソコン・タブレット(電子化)使用により日々の書類作成・書類管理の負担軽減・一元管理を行っている。
福祉用具及び介護ロボット導入により心身の負担軽減が図られている。また、介護ロボットについては、導入事業所を増やす方針。
福利厚生制度の充実
通勤範囲外職員を対象とし社宅を完備している。 今年度採用の県内外学卒者(県内は通勤困難者)について、配属事業所最寄りの社宅を利用している。
魅力ある職場づくりのための取組の実施
・事業所内保育園を整備している。
・産業医による悩み相談会を実施している。
預かり保育については、令和2年3月時点で8名の法人職員が利用している。
その他(上記以外)
   
サービスの質の向上と職場のイメージアップに向けた取組
自己評価 取組前の状況 自己評価 取組結果
事業所の運営理念、方針の周知
法人理念・方針を策定し、職員周知に努めている。年2回、法人理念に基づいたサービスの質の評価(面接)の機会を設けており、個々職員の課題と今後の目標設定の機会としている。 年2回、法人理念に基づいた職員評価を実施し、現状課題と今後の目標確認の機会をもっている。
みえ第三者評価の積極的な受審
× H25年度 介護老人保健施設あのう × 今年度、未実施。
利用者・家族向け説明会の開催
事前希望者については、個別での施設説明の機会を設けている。 施設説明希望者には、その都度面談日を調整し、対応している。
サービス提供状況の公表
法人・施設紹介、福祉厚生、人材育成計画・状況報告等ホームページで公表している。 法人・施設紹介、福祉厚生、人材育成計画・状況報告等ホームページで公表している。
地域貢献活動、地域交流事業の実施
高齢者福祉事業に関する啓発活動として、介護フェアを開催している。また、地域住民へ向けた企画(フォーラム、ボランティア募集、交流会、介護予防教室等)を行い、地域に開かれた事業運営に努めている。 今年度も地域における高齢者福祉事業に関する啓発活動として、津市緑が丘にある特別養護老人ホームグリーンヒルにて介護フェアを開催した。また、各事業所においても地域住民を招いての介護予防教室やフォーラムを開催した。
ボランティアや実習生等の受入
ボランティアについては各施設にて登録を行い、行事やサークル活動の補佐、清掃等活動を行っている。また、実習生については、近隣の専門学校、高等学校より依頼を受け、受け入れており、インターシップについても県外学生を主に毎年実施している。 介護実習の受け入れについては、随時行っている。近隣の高等学校、専門学校の他、他県(沖縄、九州)の学生も夏休み期間を利用し、受け入れた。また、ボランティアも各事業所とも数名登録があり、定期的に来所いただいている。
その他(上記以外)
   
雇用状況関連 取組前 取組後
過去1年間の離職率 7.8%(正規職員に限る) 7.4%(正規職員に限る)
勤続3年目職員の定着率 56.7%(正規職員に限る) 80.5%(正規職員に限る)
月平均残業時間 3時間 2.8時間
年次有給休暇取得率 71% 65.8%
過去1年間の採用応募者数 65人 126人
職員数 746人(正規:521人、非正規:225人) 780人(正規:549人、非正規:231人)