• トップページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

トップページ  >  三重県内ボランティア連絡協議会のご紹介 >  川越町ボランティア連絡協議会

川越町ボランティア連絡協議会

語り手 川越町ボランティア連絡協議会 会長  吉原 悦子 氏


聞き手 三重県ボランティア連絡協議会 会長  川瀬 みち代 氏

インタビュー日 平成30年7月27日
場所       川越町社会福祉協議会内


今回は、川越町ボランティア連絡協議会(以下、川越町ボラ連協)会長の吉原悦子さんにお話をうかがいました。

――川越町ボラ連協について
 高齢者関係、障がい者関係、児童関係、防災関係等多様な活動をしている15団体が加入し、個人での加入も1名いらっしゃいます。活動自体が多岐に亘っていることもあり、個性的なメンバーが多いです。年間の活動としては5月の総会(総会後には交流会を実施)、毎月の定例会、年1回のミニ研修会、ボランティアだよりの発行のほか、町独自のボランティアハウス「ささえあい」の運営事業を実施しています。「ささえあい」に関しては会計を別にもっており、絵本カフェ等の事業を展開しています。川越町は若い世代が多いこともあり、子育て支援には町を挙げて注力しています。
 町内各地での高齢者の集い「オールだー‘s」の活動や、朝日町と合同して社協で実施している子育て中の母親の交流の場「Happy Share Party」への運営協力もしています。

――川越町ボラ連協の課題、展望について 
 県ボラ連の情報を加入団体に周知はしていますが、不十分だと感じています。ここを充実することで、他市町のボランティア活動者との交流を深めることで、現在の活動がより充実するようにできたらと思います。若い町ですが、若い活動者が入ってこないという悩みはあります。現状でも11月の「ふれあいまつり」等で学校とのつながりはありますが、これをもっと強化して中高生をはじめとする若いパワーを取り入れて活動を充実させたいし、福祉への理解がある子どもたちが増えればいいなという思いはあります。
 例年他市町との交流会を実施しており、今年は菰野町ボラ連協との交流会を実施します。子どもの居場所づくりの一環として、寺子屋的な学習支援ができないかということで、前年度に講習会を実施し、本年度は近隣の先進地視察も予定しています。

――個人の活動について
 読み聞かせのグループ「ピーターパン」に所属して活動しています。このためどうしても高齢者より子どもへの関心が高くなってしまうのかもしれませんね。




このページの先頭へ戻る


連絡先

TEL 059-227-5145 FAX 059-227-6618  MAIL mvc@miewel.or.jp
【窓口対応時間】 月曜日〜金曜日 8:30〜17:15