• トップページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

トップページ  >  三重県内ボランティア連絡協議会のご紹介 >  菰野町ボランティア連絡協議会

亀山市ボランティア連絡協議会

語り手 亀山市ボランティア連絡協議会 会長   明石 澄子 氏
                          副会長  小野 善忠 氏
  
聞き手 三重県ボランティア連絡協議会 会長   川瀬 みち代 氏

インタビュー日 平成29年11月6日(月)
場所       亀山市総合保健福祉センター あいあい


――亀山市ボラ連協の取り組みについて
 亀山市ボランティア連絡協議会は平成4年に設立しました。
その後、平成17年に旧関町と旧亀山市が合併し新亀山市になりました。
活動内容については、亀山市文化年等の市の事業や、福祉施設の事業への協力、そして、市総合保健福祉センターあいあいの草刈り剪定や、あいあいまつり、思いやりキャンペーン等を続けています。年2,3回研修会等も開催し、9月には人権センターにて「人権を考える講演会」をしました。亀山市福祉ボランティア基金や、イベントバザー等の収益金が活動資金になっています。
定例会として運営委員会、市広報へ掲載のボランティア相談も月1回行っており、ボランティアを始めるきっかけ作りであったり、ボランティア活動の悩みや相談を受けたりしています。
隣接する鈴鹿市ボランティア連絡協議会とは付き合いがあり、お互いのイベント等についての行き来がありました。顔の見える関係作りも大切だと思っています。

――亀山市ボラ連協の課題、展望について
少子高齢化の社会に向かい、在宅支援をどう展開していくかが課題です。ニーズに応え、できるところまで少しでもというスタンスで活動しています。

――あなたにとって、ボランティアとは?
明石)今まで活動の分野を変えながら、40程のグループの立ち上げに関わってきました。他の地域のボランティアさんや、行政、福祉関係の皆様や、仲間に助けられながら活動を続けてこられたと思っています。これからも、皆が良かったかなと思える活動になれば、おのずと活動は続いていくことでしょう。
小野)現在の活動について、ボランティアをするという感覚ではなく、余暇の一形態だと思っています。





このページの先頭へ戻る


連絡先

TEL 059-227-5145 FAX 059-227-6618  MAIL mvc@miewel.or.jp
【窓口対応時間】 月曜日〜金曜日 8:30〜17:15