介護福祉士実務者研修受講資金貸付
      よくある質問 Q&A 集
 

◆ 住所は三重県内にあるが、養成施設は県外の方が近いので、
  そちらに通っています。申請は可能でしょうか?

  A. 三重県内に住民登録をし、原則として県内の養成施設に
    在学されている方が対象者になります。 この場合は、
    理由を伺ったうえで申請の可否を決定します。

◆ 介護施設で働きながら受講してるが貸付対象になりますか?
   A. はい。対象になります。
     在職中でも、離職中でも対象になります。

◆ 救護施設で、介護職員として3年以上働いており、実務者研修を受講して
  介護福祉士国家試験を受験しようと思っています。
  この場合も貸付対象となりますか?

  
A はい。対象になります。
    公益財団法人 社会福祉振興・試験センターのHPにあります
    
「介護福祉士国家試験 受験資格の実務経験の範囲」
    に掲載されている施設・事業所にて受験資格となる職種に従事し、
    資格取得後も継続して職務に従事する方であれば、貸付対象者になります。


◆ ハローワークの
教育訓練給付制度を利用して現在受講中です。
  この場合も、貸付対象になりますか?

  
A はい。対象になります。その場合は、給付を受けた金額を差し引いた金額を
    借入希望金額にご記入ください。
    また、職業訓練として受講する場合は、貸付できません。

◆ 資金を借りた後に、領収書の提出は必要でしょうか?
  
A 特に必要としておりません。
    ただし、場合によっては確認をすることがありますので、
    免除または返済が完了するまで保管してください。

◆ 県内の実務者研修養成施設を教えてください。
  A こちらでご確認ください。→ 実務者研修実施施設
    学校事務所とスクーリング場所が違う場合でも申請には、特に支障はありません。

◆ 連帯保証人の収入を証明する書類は、給料明細書でも可能ですか?
  A 源泉徴収票の写しまたは、公的機関発行の所得・課税証明書を提出してください。
    営業所得、農業所得などの給与所得以外の所得の場合は
    確定申告書の写しを提出してください。