• トップページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

地域福祉推進支援事業・市町社協活動支援事業

トップページ  >  三重県民生委員児童委員協議会について

三重県民生委員児童委員協議会について

平成26年度 基本方針

 社会、経済状況の変化の中で、家族や地域の意識、生活実態が変わり、また、社会保障制度改革(消費税アップなど)が進められ、福祉施策の見直しが重要となってきました。
 少子高齢化が進み、人口減少社会となった今、子どもの成長を支援するだけでなく、高齢者、障がい者等に対し、心身共に健康で自立した生活を実現するための支援体制の確立を図ることが求められています。互いに助け合い、共に生きる福祉社会を実現するためには、地域住民による助け合いや支え合いが不可欠です。地域社会を構築する一人として、助け合いの心を育て、絆を強化することに努めていきます。
 新しい民生委員・児童委員誕生にともない、あらゆる分野で活動出来る資質の向上を図り、幅広い知識習得に努め、地域のかけ橋である民生委員・児童委員として成長していきます。

このページの先頭へ戻る


平成26年度 重点事業


 1.「広げよう地域に根ざした思いやり」100周年に向けて“民生委員・児童委員発 災害時一人も見逃さない運動”の推進


 2.子ども、高齢者等の虐待の防止及び高齢者の孤立死・孤独死の防止の取り組み強化


 3. 障がい者への理解を深め、住みやすい地域社会を実現するための支援


 4.“近所の人と仲良くなろう”“話をしよう”“あいさつをしよう”の呼びかけ運動の確立


 5.親とのふれあいを通じ、子どもたちの成長を支援


このページの先頭へ戻る

 6.わたくしたちは“笑顔”と“思いやり”をもって活動を展開

民生委員児童委員について

   三重県内民生児童委員 定数 4,137 (うち主任児童委員数 335名)

このページの先頭へ戻る

民生委員・児童委員の日(活動強化週間)

このページの先頭へ戻る


連絡先

TEL 059-227-5145  FAX 059-227-6618  MAIL chiiki@miewel.or.jp