• トップページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

地域福祉権利擁護事業

トップページ  >  日常生活自立支援事業  >  日常生活自立支援事業を利用するには?

日常生活自立支援事業を利用するには?

お手伝い(援助)の前にはこんな手続きをして下さい。

  • @まず、相談して下さい
    日常生活自立支援センター、あるいは市町社会福祉協議会にご相談下さい。
  • Aお手伝いの計画を作ります。
    日常生活自立支援センターの専門員が訪問させていただき、ご本人の暮らしにあったお手伝いの計画を作ります。
  • B審査が必要な場合もあります。
    お手伝いの方法が決まれば、契約となりますが、契約を結ぶ能力に疑義がある場合には、県の日常生活自立支援センターの契約締結審査会で審査されることになります。
  • C契約するとお手伝いがはじまります。
    契約を結んでいただくと、生活支援員が実際のお手伝い(援助)をすることになります。お手伝い(援助)に不満や苦情がある場合は、いつでも申し出て下さい。いつでも契約をとりやめることができます。
  • Dちゃんとお手伝いできているか確認します。
    お手伝い(援助)がはじまってから3ヶ月たったら、実施状況の検討を行います。この支援計画の評価はその後も6ヶ月ごとに行います。

このページの先頭へ戻る


連絡先

TEL 059-213-1223  FAX 059-227-6618